アニメが好きならぜひ見てほしい!『SHIROBAKO』の魅力

(C)SHIROBAKO製作委員会

こんにちはJinke(@jinke_sbs)です。

皆さんアニメは好きですか。

僕は好きです。中学2年の頃から見始め、もうかれこれ10年くらいは色んなアニメを見てきました。

そんなみんな大好きアニメですが、「制作」に主眼をおいた作品があります。

P.A.WORKSが制作した『SHIROBAKO』です。

2014年10月〜2015年3月に全24話が放映されています。

「なんだ去年のアニメか。見る気しねぇな…」

なんて思ったあなたはとても勿体無い!アニメが好きならば、是非見ていただきたい作品なのです!という訳で、今回はSHIROBAKOの魅力をお話します。

魅力①アニメの制作工程が分かる

突然ですが、皆さんは具体的にアニメがどのような過程で作られているか知っていますか?

僕はSHIROBAKOを見るまで知りませんでした。orz

まずシナリオと絵コンテをアップして、作画打ち合わせしてレイアウトと原画と動画作業をして、その後仕上げと撮影して…ととんでもなく手間のかかるモノなんですね。

アニメ1話作りあげるのに、たくさんのプロフェッショナルの方が参加され、みんな良いアニメを作ろうと必死に力を注いでいることがよく分かります。

また、アニメーションなので実際の現場をイメージしやすく、臨場感があるのが大きなポイントですね。

魅力②ものづくりの大変さが分かる

先ほど書いたように、大変手間のかかってたくさんの方が関わっているモノですので、きめ細かいコミュニケーションを取ることが非常に重要になります。

その間を調整するのが主人公の宮森あおい(みゃーもり)の仕事である制作進行の役割なのですが、これがヒジョーに神経の要する仕事になる訳です。

なにせ、監督や演出を始め、原画や演出動画の方々、とにかく様々な職人さんと接するわけです。職人さんは自分の仕事にとことんこだわりたい。けど制作進行は期限に間に合わせるために、早く仕上げてもらうようにお願いする…

アニメに限った話では無いですが、ひとつのモノを作りあげるのがいかに大変か、学生や若手社会人に知らしめることができるのは良いと思います。(白目)

しかし、全員が苦労して何かを作り上げるというのは、見ていてすごく大変そうなのですが、同時にすごく楽しいと思います。それがひしひしと伝わてくるアニメです

魅力③登場人物が個性的で惹かれる

そして何と言ってもこれ。

女の子キャラがかわいい!

…のは言わずもがななんですが、各々の個性がとても光ってて、見ていてとても楽しいんですよね。

それぞれの悩みや焦りがよく分かるし、思いや夢に向かって邁進する姿がとてもキラキラ輝いて眩しいくらいです。

(ちなみに僕は今井みどり(りーちゃん)が一番好きです。あのポテンシャルと能力の高さはとてつもないし、考え方や頭の良さにすごく憧れるんです。)

そして、女の子キャラと同じくらい多くの男性キャラも個性が光っています!

(男性キャラでは僕は平岡と太郎が一番好きです。理由は本編を最後まで見ていただいたらわかると思います!

太郎に関してはネット上では太郎に関するヘイトが集まっていましたが、僕は責める気にはなりませんでした。

なんだか仕事のできない自分自身を見ているようで…orz)

(C)「SHIROBAKO」製作委員会

というより登場人物ほぼ全員個性が強くて、見ていてむちゃくちゃおもしろいですね。

すでにネット上では溢れんばかりにSHIROBAKOの良さを語っているブログや記事がありますので、「今更何言ってんだ」感が強いのですが、それでもSHIROBAKOが好きなアニメファンの一人としてどうしても言いたかったんですよね。

ちなみにですが、オタキングこと岡田斗司夫氏がSHIROBAKOの原作と言ってもいいくらいアニメ制作について分かる本として、『アニメを仕事に!』という本をあげておられます。僕はこの本はSHIROBAKO放映前に購入したのですが、用語が難しく読むのに苦労していました。ですが、SHIROBAKOを見たあとに読むと、アニメ内で説明された専門用語やイメージが手伝ってすごく読みやすくなっていました!SHIROBAKOを見た後はこの本を読んでいただけると、より詳細なアニメ制作の現場が分かるかと思います。こちらも是非読んでくれたらと思います。

あと、SHIROBAKOのLINEスタンプが出ているので、ぜひ買いましょう!

それではまた。

sponsored link