カナダの『SIN(Social Insurance Number)』の取り方

こんにちはジンケ(@jinke_sbs)です。

私は現在、カナダのバンクーバーにワーキングホリデーに来ています。

ワーキングホリデービザというのは数あるビザの中でも優れたビザで、現地で学校にいくこともできるし、就労することもできるビザです。

ワーホリで来ているほとんどの方は現地で働くことになると思います。また、場合によっては現地携帯の申込み、銀行口座の開設にも必要とされる重要な番号なのです。なので、今回はSINの取り方について解説していきます。

前回はブリティッシュコロンビア州のIDカード、『BCID』の取り方について解説しましたので参考にどうぞ。

sponsored link

SIN(Social Insurance Number)とは

SINは正式には、Social Insurance Numberと言い、カナダ政府が発行する社会保険番号で、日本で言うところのマイナンバーのようなものです。このSINで各種税金や社会保険の管理を行っています。

そして、ワーキングホリデービザでカナダで働く場合、必ずこのSINが必要となります。

SINを取るのに用意するもの

用意するもの
・パスポート
・ビザ

必要なものはパスポートとビザのみです。手数料はかかりません。

手続きに行こう

手続きは「Service Canada」という事務所でできます。バンクーバーの場合はダウンタウンにある事務所が便利ですのでオススメします。

場所は以下の通り。

ハウ・ストリート(Howe Street)をWater Front駅に向かって歩くと写真のような看板が見えてきます。シンクリアーセンターと書かれたこの建物の中に事務所があります。

ハウ・ストリート(Howe Street)側の入口です。

右側に見える広場を抜けるとすぐにService Canadaの看板が見えてきます。

営業時間は平日の8時30分から16時までです。一応役所なので注意しましょう。

手続きをしよう

入ってすぐにカウンターがありますので並んでいたら順番に待ちましょう。その間にパスポートとビザを準備すると良いでしょう。受付の人は、この申請が初めてかどうか、パスポートやビザを持っているかなどを訪ねてきますが、落ち着いて対応すれば問題ありません。親切に対応してくれました。

質問が終わると待合で待つように言われます。混み具合によると思いますが20分ほど待たされると思います。

自分の名前が呼ばれますので呼ばれたら奥のブースへ行きましょう。最初に個人情報の取扱に関するマニュアルが渡されて同意するかどうかの確認が行われますが、ちゃんと日本語のマニュアルもありました。次に自分に関する質問がいくつかなされます。例えば自分の両親の名前、出身地などです。職員の方はみんな親切なのでゆっくり対応すれば大丈夫です。最後に自分の住所を答えれば無事完了となります。SINはその場で発行して渡してくれますので、すぐに利用できます。

※何年か前まではSINカードというプラスチックのカードが発行されていたようですが、現在はされていないようです。

上の写真の黒塗りの部分に9桁のSINが記載されています。大事な個人情報なので、安全な場所に保管しましょう。

この番号は現地携帯の申込み、銀行口座の開設のときに必要ですので。カナダに来たら真っ先に取得することをオススメします!

まとめ

今回はSINの「必要なもの」「事務所の行き方」「申請の内容」について解説しました。次回は銀行口座の申請方法について解説したいと思います。

それではまた。

sponsored link