【キャンパス編】パインズ(PIA)の施設はどんな感じなのか?

こんにちはジンケ(@jinke_sbs)です。

私が通っていたパインズインターナショナルアカデミー(以下、PIA)はフィリピンの教育都市と言われるバギオでも一二を争う有名英語学校です。

そのPIAでの英語学習環境、キャンパスはどんな感じなのか今回ご紹介します。

レベルで別れるキャンパス

PIAでは英語のレベルが1~10まであります。1~3は初級、4~5は中級という分け方でメインキャンパスでもあるクイサンキャンパスで勉強します。6~10は上級になり、チャピスキャンパスで勉強します。5→6への移動はテストを受けて合格しないとチャピスキャンパスには行けません。なので、入学したらまずレベルチェックテストを受け、その成績によってレベル分けがされますが、まずは全員クイサンキャンパスから始まるのでどんなに成績が良くてもレベル5からスタートになると思います。中間試験や期末試験で基準点を超えたら晴れてチャピスキャンパスで勉強できます。

ですが、テスト対策コース(TOEICやIELTS)で申し込んだ人はレベルに関係なくチャピスキャンパスでの勉強になります。クイサンではテスト対策コースは開講していないようです。

なおPIAはスパルタでも有名で、原則、平日外出は一切禁止になっています。

パインズ公式サイトより引用

パインズ公式サイトより引用 左が初中級キャンパスのクイサン。右が上級、テストコースのチャピス。

大きくてメインでもあるクイサンキャンパス


クイサンキャンパスの場所
PIAの初中級キャンパスであるクイサンキャンパスは、ホテルの建物を使用しています。1F~5Fまでは教室や生徒の部屋になっているため立ち入りできますが、それより上は他の宿泊客の方が利用されるので立ち入りができません。1Fにちょっとした屋台、生徒が朝昼晩利用する食堂があり小腹を満たすのにいいです。他にもスーパーマーケット(PureGold)があり日用品、お菓子などの食料、携帯、SIMカードまで売っておりPIA生徒の強い味方です。

introduction-pia-campus-2頻繁に利用していたスーパー、PureGold。日本のスーパーとほぼ同じ品揃えで何でもあります。朝9時~夜9時までオープンしており、平日でも利用できます。生徒は必ずキャンパス内部入口を使いましょう。平日に外向き入口を使うと無断外出とみなされます!

introduction-pia-campus-1

introduction-pia-campus-3軽食をつまむ屋台も充実しており、とても便利です。エントランス横にはATMが2台設置されており、私は新生銀行のキャッシュカードを使っていました。

introduction-pia-campus-a-1ケバブはこんな感じで目の前で肉を切ってくれる。

2Fにはバギオ1施設が整っているトレーニングジムがあります。なんとこのジムはかの有名なフィリピンボクサー、マニー・パッキャオ氏が監修して作られたそうです。専門のインストラクターもおり、体を鍛えてムキムキになっている生徒さんもいました。そんな充実した設備環境からか、一ヶ月の使用料は5,000ペソ(約10,000円)です。日本でもなかなか高い方に入りますね。

静かで集中できるチャピスキャンパス

チャピスキャンパスの場所
PIAの上級キャンパスであるチャピスキャンパスは、静かな雰囲気なチャピス村の中にあるため非常に落ち着いた環境の中で勉強できます。ですがキャンパス内には地下食堂に小さな売店くらいしか無く、キャンパスの周りも後述するカフェくらいしかありません。

キャンパスが村の中にあるためタクシーを拾うために村道を5分程歩く必要があります。(クイサンは目の前が主要道路なのでうまくいけばすぐにタクシーを拾えます。その代わり道路側の部屋はうるさく排気ガスで空気も少し悪いですが)

introduction-pia-campus-7

introduction-pia-campus-a-2チャピスキャンパスの室内

introduction-pia-campus-a-3チャピスは各部屋にこんな感じでWi-Fiルーターが設置されており、非常にありがたい。

スーパーへの買物も一番近いところで徒歩15分くらいかかるのでタクシーなどを利用していました。個人的には村のエントランス前のレチョン屋(豚肉をじっくり焼いたフィリピン料理)がおいしかったのでよく買って食べていました。

introduction-pia-campus-11村のエントランス前にあるレチョン屋。焼き立てをくれるのでおいしい。

各キャンパスのオススメカフェ

クイサンキャンパスには学校の裏手に「カフェ・ウマリ」というとても洒落た雰囲気のカフェ(アルコールも提供)があります。仲良くなった日本人や他の国の留学生と共に交流を深めたり将来について語り合ったりするのに最適です。

introduction-pia-campus-4

introduction-pia-campus-5おつまみを食べながらビールも飲めます。

introduction-pia-campus-6テラス席に子猫もいました。

チャピスキャンパス徒歩2分のところには「カフェ・アンジェロ」というこれまたオシャレなカフェがあります。どちらかと言うとパンケーキや軽食が充実しているメニューですね。授業終わりにホッと一息つける居心地良い空間でした。平日は外出禁止なのでチャピスキャンパスから出るのは本来禁止されているのですが、このカフェに行くのは大丈夫です。

introduction-pia-campus-9

introduction-pia-campus-a

introduction-pia-campus-10

introduction-pia-campus-a-4パンケーキやチョコレートドリンクがとてもおいしかったです。

PIAの各キャンパスについて簡単ですが説明してみました。次回はPIAの宿泊する部屋についての記事になると思いますのでお楽しみに。

【生徒部屋編】パインズ(PIA)の施設はどんな感じなのか?
こんにちはジンケ(@jinke_sbs)です。 前回の記事ではパインズインターナショナルアカデミー(以下、PIA)の各キャンパ…

ちなみにパインズインターナショナルアカデミーの”パインズ”ですが設立者のMr. Kimが「パインの木にように1年中ある学校」という思いから名付けたようです。(先生談)

それではまた。

sponsored link